令和3年9月30日付(令和3年10月1日から適用)の"「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の一部改正について(通知)"により、
「一般病棟用の重症度、医療・看護必要度A・C項目に係るレセプト電算処理システム用コード一覧」(以下「コード一覧」という)が修正されました。
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000838056.pdf

変更後のコード一覧は以下となっています。
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000838267.xlsx

コード一覧により評価する項目に影響がございます。
このため、カンゴルーV5を新しいコード一覧に対応させるための、コード一覧更新ツールを、
11月1日(月)にリリースいたしました。
特に、10月1日以降の評価が収められたEFファイルの取込を行われる場合は、コード一覧更新ツール実行後に取込んでいただくことをお勧めいたします。

Hファイル・入院EF統合ファイルの見える化ツールであるグリーンコアラの新バージョン
V1.1をリリースいたしました。
V1.1では、見易さや使い勝手を向上させただけでなく、ヘルプにより操作の理解を助ける機能が追加されました。
ご契約いただいております利用者様へは、最新版のCDを発送いたしましたので、到着までお待ちください。
本件のプレスリリースはこちらをご覧ください。

10月1日(金)より、電話での受付時間を、通常通り、平日10:00~17:00、毎月最終金曜日のプレミアムフライデーは10:00~15:00に戻させていただきました。
ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として分散出社は継続いたしますので、ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、ご理解をお願いいたします。

看護必要度管理を支援する定番ソフト「カンゴルーV5」の評価版では、
これまで、新たにデータを登録する操作はできませんでしたが、ご要望にお応えし、
1病棟・1ヶ月に限って、患者データや評価データの登録を、お試しいただけるようになりました。
すでに評価版をお試しいただいた皆様も、ぜひ再度ダウンロードして、お試しください。
ダウンロードはこちらをご覧ください。

当サイトをリニューアルし、看護必要度管理を支援する定番ソフト「カンゴルーV5」の評価版を
リリースいたしました。
あらかじめ4病棟の3カ月分の評価用データが取り込まれている状態になっており、
新たにデータを取り込むことはできませんが、最新のカンゴルーV5でどの様なことができるのかを
色々と試してみることができるようになっています。
すぐにダウンロードして、お試しいただけます。
こちらをご覧ください。
本件のプレスリリースはこちらをご覧ください。

本日、「カンゴルーV5」(Ver.5.0)の機能改善版(V5.0.1)を 「看護ワイズクリッパー」に公開いたしました。
また、「看護必要度Ⅰ・Ⅱ比較ツール」のコード一覧更新ツールをあわせてリリースいたしました。
カンゴルー保守サービスをご注文いただいているお客様のみご利用頂くことができます。
ダウンロードには弊社ウェブサイト「看護ワイズクリッパー」へのログインが必要です。

「カンゴルー」の年間保守サービスをご契約頂いている病院様にお渡ししている「ボートID」,「クルーID」,「パスワード」でログインしてください。
ログイン後、「カンゴルー」画面の「ダウンロード」ページより、ソフトウェアをダウンロードしてください。
詳細は、看護ワイズクリッパーにログイン後、「カンゴルー」のページをご覧ください。

【すべてのお知らせをみる】